円満強調も…小室哲哉、ヒット曲なしで吉本“クビ”

音楽プロデューサーの小室哲哉(48)が所属事務所の吉本興業とのマネジメント契約を6月いっぱいで満了していたことが9日分かった。

 吉本興業は小室との契約満了について、「円満な形での終了」とした上で、「彼の音楽活動には引き続き協力していく予定です」としている。

 小室は、trfや篠原涼子(33)、華原朋美(32)らを次々と世に送り出しミリオンセールスを連発。2001年5月に音楽事業に力を入れ始めた吉本興業とマネジメント契約を結んで話題を呼んだ。

 しかし、吉本入りしてからは大きなヒット曲に恵まれず、小室と懇意だった林裕章元会長が05年1月に他界するなど、吉本内での存在感がしだいに薄れていた。

 一方、今年4月から尚美学園大学の芸術情報学部・音楽表現学科・特任教授に就任。音楽特論(新世紀音楽概論)の講義を持つなど後進の指導にあたっている。

 先月28日には、元恋人の華原が、精神的な落ち込みや薬物依存などを理由に所属事務所を解雇されており、小室は奇しくも元恋人と同時期に所属事務所を離れることになった。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_07/g2007070920.html

おーいマジかよ。朋ちゃんと同じような境遇ではないかよ

この人はさ、「どれも似たような曲」っていう世間の声を気にしすぎじゃないのかな。

自分の得意なメロディラインってあるだろうし、つい似たフレーズっていうのも良い意味でも自身のカラーなんだから開き直って作ってほしいんだが…

ミスチルとか相変わらず「あれ?こんな感じの曲10年前にリリースしなかったっけ?」みたいな曲が今もミリオンいっちゃったりしてる。でもどうよ、当人らは堂々としてるじゃない。

バンプ オブなんとかよりはずっとマシだと思うんだが(彼らの曲は全部天体観測にしか聴こえなry)

意地になって変な曲作るのやめれTK

D

↑いい曲なのに演出がカオス

D

↑歌声はアレだが曲は好き

D

↑やっぱり愛撫最高

D

↑夫婦としては嫌いだがこの曲はテンション上がります

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。