毎日悪戦苦闘

ツイッターのほうが楽なのでまたしてもこちらは放置してしまうが、あんまりあちらに子供のことを書いても嫌な人は嫌だろうから
使い分けたいところ

こちらはもう少し本音というか悩みの部分を補足していきたい

すっかり暮らしも慣れてきた。とはいっても毎日0時前後に寝て6時には起きる(起こされる)毎日。
料理こそやらないものの、洗濯や掃除に洗い物、ご飯与えたり保育園の送り迎えと色々。さすがに疲れるのでナニとかアレとかまったくせず
する気力もなく寝ることが幸せ。。。。

元気なときはいいけれど、いざ入園させてみると病気と隣り合わせの日々。最初の一年間はいろんな病気が挨拶してくるとか。
感染率がハンパじゃないし、結局小さいうちから保育園にいれている家庭なんざ当然共働き。実家が近ければジジババにHELPもイケるがそれが無理なら会社を休んで看病せざるを得ない。 

 朝は大丈夫でも園で突如発熱ということもザラで、38.5℃で強制送還 "至急迎エニ来ラレタシ"の電話がくる。その都度ゲンナリである。
一週間通しで通えたのは6月下旬現在でまだ三回かそこら。5月頭のノロウィルスには全員やられて地獄を見た。

嫁も有休を使いすぎて下半期大丈夫かハラハラしている。とにかく元気なうちはいいけれど、0才1才2才は大変らしい

デイサービスの病時保育施設に預けることで仕事を休むロスを抑えることもあるが、病院で許可を取ってそれを提出してそこから予約になるのでキャンセルがでないと預けられない。預けたところで一人一日3300円。うちは2人だから両方休んだら6600円もかかり、一日の稼ぎもチャラになりそうな勢いなのである。

そんな恐怖と戦いながらも芋虫のような双子は育つ。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。